規約は飛ばさず読もう

規約

数年前まで日本国内には、バイナリーオプションを扱う業者は国内の会社のみでした。
しかし、近年になりバイナリーオプションの人気に火がついたおかげか、バイナリーオプションを専門に扱う海外業者などが数多く日本国内へと進出してきています。
国内の業者に関しては、何かトラブルが起ころうとも、日本の法律が適用されるため最悪な事態はまず避けることができますよね。
しかし、海外業者はそうはいきません。日本語サービスが万全だとしても、本社が海外にあるのですから、日本国内の法律は海外のバイナリーオプション業者へ入っていくことができないのです。
つまり、もし出金等のトラブルに巻き込まれたとしても、法的手段をとることが出来ないため、最悪な事態も考えないといけません。
まず、何を持って悪徳業者と言っていいのか。

これは決められた基準がないので、なんとも言えませんが、バイナリーオプション業者でしたら、出金を拒み一切の連絡と絶ってしまう。入金を促す電話やメールの催促が異常。なにかと手数料が掛かる。など、個人的に悪徳だな…と思う行為をあげてみました。参考サイト
僕自身、バイナリーオプションを活用していますが、幸いなことにまだ出金拒否や入金の催促などをされたことは一切ありません。ちなみに利用している業者は国内に1社と海外に1社です。
僕の場合ですが、まず始めるにあたって口座開設から必要でした。
ですから、数多くあるバイナリーオプション専門業者のランキングなどのホームページを隅々まで読み漁りましたよ。どこの条件が一番、自分に合っているのかを重視し選びました。
何より僕自身の資産がそう多くないので、最低入金額や最低投資額が決めとなりました。
もっとも分かり易い見分け方としては、キャンペーンボーナスやキャッシュバックボーナスなどを一番に押している業者は要注意です。
もちろんまともな所もあるのですが、ボーナスを受け取ることで、出金に関する規約が変わってしまう業者などがあるからです。

 

出金手数料で比較するならこちらのホームページが参考になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る