バイナリーオプションで危険な業者に手を出して失敗

私はバイナリーオプションを行ったことによって、生活が苦しくなってしまいました。

最初はほんの軽い気持ちでスタートして、初めのうちはそこそこ利益を出すことができていました。

しかし、危険な業者に手を出してから今となっては良くなかったと思っています。

初めのうちに利益を出すことができたばっかりに、この方法は稼げると勘違いしてしまいました。

負けが続いても今度は勝てるだろうと、熱くなって取引の回数が多くなっていき、次第に損失は膨らんでいきました。

予想が外れた場合は、掛け金は一銭も戻ってこないのにもかかわらず、それまでの損失を取り戻そうと、掛け金を大きくしてしまうことが続きました。

熱くなりすぎていたと気付いた時にはもう後の祭りでした。

損失金額は非常に大きくなっていて、生活ができるのかと不安になるほどの状態に陥りました。

幸い多少のお金が残っている状態でやめることができたので、何とかその後の生活は苦しいながらでも送れていますが、バイナリーオプションに手を出さなければ、こんなに苦しい生活になることもなかったので、非常に怖いものだったと実感しました。

バイナリーオプションは、感情のコントロールがうまくできる人ならまだしも、私のような熱くなりやすい人が、手を出してはいけないものだったと今更ながらに分かりました。